確実に髪の毛を増やせる自毛植毛手術は専門のクリニックで

男の人

AGAの効率良い治療

悩む人

東京には、ザガーロによる最新のAGA治療をおこなっているクリニックがあり、AGAに悩む多くの男性が受診しています。ザガーロとは、5αリダクターゼによる毛乳頭の機能低下を防ぐ効果のある薬です。従来のAGA治療薬では、主に頭頂部で効果が出ていたのですが、ザガーロの場合は前頭部でも効果が出てくるのです。

髪を頭皮ごと移植

紳士

もとの頭皮と同じように

自毛植毛とは、薄毛の解消のために、自分自身の髪を移植するという手術です。具体的には自毛植毛では、まずは後頭部などから髪が頭皮ごと切り取られます。多くの場合は、後頭部の出っ張りの真下の部分を、横に広がる帯状に切り取ることになります。次に、薄毛が生じている部分の頭皮を、やはり帯状に切除します。そしてこの部分に、最初に後頭部から採取した頭皮を移植するわけです。もとが自分自身の頭皮なのですから、移植はスムーズに進みます。それぞれの切り口がしっかりとつながることで、移植した頭皮は、もともとそこに存在していた頭皮と同じように機能することになるのです。もちろんそこから髪が抜け落ちた場合には、新しい髪が生えてくることになります。つまり手術後に再度薄毛となるリスクは、少ないということです。

傷跡や洗髪

この自毛植毛により、後頭部からは頭皮と一緒に髪が失われることになります。しかし採取する範囲は、縦幅1センチ、横幅10センチほどとなっています。つまり横方向に細長いということですし、採取後には上下の頭皮をつなげるような形での縫合もおこなわれます。これにより帯状の切り口は、1本の線のような状態になります。そのため傷跡は目立ちませんし、採取した部分が禿げて見えるようになる心配もないのです。ただし、炎症による刺激で周辺の髪が抜ける可能性があるので、手術後1週間ほどは洗髪を控える必要があります。移植した頭皮も同じで、刺激を与えないように、手術後はやはり洗髪を控えることが大事です。また、それぞれの傷が完全にふさがり、頭皮が定着した後には、再度の自毛植毛をおこなうことが可能となります。これにより、薄毛が生じている範囲は一層狭くなるのです。

内服薬で髪を増やす

メディシン

薄毛を引き起こす最も大きな原因は、男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れです。それはプロペシアを服用することで解決できます。プロペシアを入手する時には、東京にある薄毛治療のクリニックを利用すべきです。プロペシアの供給と同時に、診断や経過観察を行って貰えます。

かつらより自然で快適

頭

かつらや植毛とも異なる増毛は、自分の髪に人工毛を結びつけて増やす方法です。アートネイチャーは増毛技術が高く、強度も十分で雨・風の心配もいりません。かつら・植毛を試したけど合わないという方は、アートネイチャーの増毛施術を受けてみましょう。