AGAの効率良い治療|薄毛が生じている範囲|髪の毛を増やせる自毛植毛手術

薄毛が生じている範囲|髪の毛を増やせる自毛植毛手術

男の人

AGAの効率良い治療

悩む人

毛乳頭の機能低下が原因

東京には、AGAによる薄毛に悩む男性が多くいますし、その治療を専門におこなっているクリニックも多くあります。しかも東京のクリニックの中には、最新のAGA治療ということで話題となっているザガーロを処方しているところもあります。AGAの原因は、男性ホルモンが酵素の一種の5αリダクターゼによって、ジヒドロテストステロンとなることにあります。ジヒドロテストステロンは、髪を生み出す毛乳頭の機能を低下させます。これが増えれば増えるほど、髪は生えにくくなり、その結果AGAとなってしまうわけです。そしてザガーロは、この5αリダクターゼの影響から男性ホルモンを守る効果のある薬です。そのため新しい髪の誕生を希望する男性の多くが、ザガーロを求めて東京のクリニックに足を運んでいます。

2型に加えて1型も

5αリダクターゼには、1型と2型のものとがあります。1型は主に前頭部の、2型は頭頂部の男性ホルモンに、それぞれ悪影響を与えます。従来のAGAの治療では、この2種類の5αリダクターゼのうち、2型による影響を防ぐ薬が使われていました。そのため治療を受けていたのは、主に頭頂部の薄毛に悩む男性でした。ところがザガーロの場合、1型と2型の両方の5αリダクターゼの影響を防ぐことができます。つまり服用により、頭頂部だけでなく前頭部の薄毛も、改善されやすくなるのです。このことから、前頭部のみ薄毛となっている男性、あるいは前頭部を含む広範囲が薄毛となっている男性から、ザガーロを処方している東京のクリニックは注目されています。